兵庫県(西宮・神戸・明石・加古川・姫路)を中心に、セキスイハイム山陽グループが創る外張断熱工法の木造デザイン住宅「リパーロ」。建築家による卓越したデザインと設計力で、お客様のライフスタイルに合わせた住まいをご提案します。

ホーム > 外張断熱とは?

外張断熱とは?

断熱方法には、外張断熱と充填断熱の2種類があります。
外張断熱工法は、一般的に固形の板状断熱材で柱の外側からすっぽり包み込む工法で、充填断熱は、柱と柱の間に繊維系断熱材を充填する工法です。

外張断熱の特長

1.断熱性と気密性の高さ

外張断熱の最大のメリットは、高い断熱性能と気密性能です。屋根・壁・基礎の継ぎ目のない気密ラインにより、隙間風が入り込まず外気の影響を受けません。よって、家全体の計画的な換気が有効となり、夏涼しく冬暖かい空気が家じゅうに行きわたり、快適な室内環境を実現します。

充填断熱の場合、壁内を通る配管やコンセントなどによって気密ラインが途切れてしまいますが、外張断熱の場合、断熱材が壁の外側にあるため、気密ラインが途切れることはなく高い気密性を維持します。

2.耐久性の向上

室内の暖かい空気が壁の中で冷やされると、壁内に結露が発生してしまいます。結露の水分は構造駆体を腐らせ、建物の耐久性が低下します。
外張断熱工法であれば、壁・柱の外側に途切れることなく張り詰められた板状断熱材が、湿気をシャットアウト。また、板状断熱材は繊維系断熱材と比べて吸水率が小さいので、断熱材内部に結露が発生する心配もありません。

3.空間の有効利用

外張断熱の家は、計画換気と湿度のコントロールが可能なため、家じゅうどこでも常に安定した温熱環境を実現します。本来、熱ごもりする小屋裏空間や、底冷えする床下空間も"室内"としてプランニングすることができ、快適なスペースとして使用することができます。


ページトップへ